自分だけの習慣*続けることが自己肯定感を育てる。

毎朝のヨガ習慣、記録をつけ始めて13日が経ちました。

ヨガを習い、ゆるゆる実践し始めてからは8年になりますが、

「思いついた時にやる」「飽きたらやめる」

がモットーだったので、毎日の習慣としては根付かなくて…

ふと思いつきで、

「まじめに毎日続けてみたら、どんなことが起きるんだろう?」と

アプリでの記録に目覚めたというわけです。

毎朝決まった時刻に「さ、やろうぜ!」とリマインド通知で教えてくれるのも、アプリならではの便利さ。

モチベーションが上がるので、続けるほどに達成感があります。

「最初の目標はハードルを低く、ひとつだけ」というアプリ内の説明に従い、毎日太陽礼拝をする、と設定。

朝から少し動くと気持ち良くて

「もう少しやりたいなあ」

と本格的にヨガマットへと移動する日もあれば、

ゆるーくラジオ体操だけ、呼吸法だけで終わる日もあったり。

それでも必ず太陽礼拝のアーサナと、

+何かもうひとがんばりしたくなるのは

もったいない精神のおかげですね(*´∀`*)

できる日・できない日があってももちろんいいけれど、

毎日続けられるようになるともっと楽しい。

ここは自己受容と自己肯定の違いかなあと、思います。

できない自分もOKの畑を耕していったら、続ける自分すごい!の作物が実ったような感覚です。

「自分が心地いいことで」

「低いハードルを用意して」

「モチベーションを保つ」

この3つが揃って初めて、

順調に自己肯定感が育っています。

ちなみに、

スピリチュアル系どっぷりの人間関係にうんざりして「こんなとんでもない業界やめてやるうう!」と逃走したときから ハマっている陰ヨガは、

ずっと瞑想用のタイマーアプリを使っています。

当時の記録回数から、わたしの意地を感じます。。゚(ノ∀`*)゚。

何はともあれ、自分だけの小さな習慣をもつことは

とってもおすすめです。

お試しください◯

タイトルとURLをコピーしました