なんにもしない ヒーリング

からだの感覚と向き合うことは、自分の存在を確かめるということ。

ゆっくりゆっくり感じていく

あたまがからっぽになっていく

なぜだかわからないけど涙が出たり、

あたたかさがこみ上げてきます。

わからなくても、いい

掴めなくても、いい

ただ安心していればいいんだった、という感覚。

それは、大いなるものに見守られているような、

その中に包まれた自分がいるような、

不思議な心強さです。

◇インナーチャイルドヨガ
ちいさな「わたし」に安心感というプレゼントを積み重ねていくセルフケア・セルフヒーリングとしてのヨガをシェアします◯こころとからだの個性にあわせた、● からだの感覚を味わい、安らぎを広げるヨガニドラ(誘導瞑想)● か...
◇星読みヒーリングセッション
ゆるゆると よるとお話しながら進めるヒーリングセッション。ホロスコープから読む星の情報と、チャネリングで受け取るガイドからの情報をもとに、エネルギー的な整え方についてお伝えしながらクリアにし「そうだったのかー!」の一歩手前までを伴走します...
タイトルとURLをコピーしました