【漫画】なんにもしない ヒーリング

からだの感覚と向き合うことは、自分の存在を確かめるということ。

ゆっくりゆっくり感じていく

あたまがからっぽになっていく

なぜだかわからないけど涙が出たり、

あたたかさがこみ上げてきます。

わからなくても、いい

掴めなくても、いい

ただ安心していればいいんだった、という感覚。

それは、大いなるものに見守られているような、

その中に包まれた自分がいるような、

不思議な心強さです。

Menu
提供しているセッション・講座の一覧ページです。中囿ゾノ メニューインスピアートお話セッション *オンラインあなたのこころの世界を感覚で受け取って絵に描きます。制作したインスピアートを見ながら、一緒に読み解いていくメニューで...
タイトルとURLをコピーしました