「できないこと」と同じ数だけ「できること」もたくさんあるよ◯

あまりの暑さに「やる気が出ないよ〜」と言ったら

「やる気がないとできないというその価値観…
もう、やめなはれや〜〜♪」

と歌いながら軽やかに出勤していったゾノさん。つよい。

主婦をしながらの兼業セラピスト、合間の時間にアート制作をしていると、だんだん麻痺してくる「できて当たり前」の基準。

みんなの中にもいたりしない?

これくらいの努力は当たり前。

できないのがおかしい。やる気を出せ…!

こんなもんじゃないだろう、やるんだよ、わたし!

と、とつぜん暴れだす自分専用の(こころの)鬼コーチが。

「むりやりやる気を出してまで、自分が必ずしなければいけないこと」

なんて、そんなにたくさんあるのかな?

誰が決めたんだろう。何に追い立てられたんだろう。

それって本当の本当に、必須?

わたしたちみんなが存在しているだけでよかったはずで、もっと楽ちんな自分を選んでいいはずなんだ。

自分が本格的に誰かを責める鬼コーチに変身する前に、ふーーーっと深呼吸。

やる気がなくても、むりしなくても、できることはできる。うん。

ほどほど、がんばろ。

\ 自分とつながる、ゆるーく楽になる /

おすすめメニューはこちら。

タイトルとURLをコピーしました