たたかわない選択

自分のことを話すときは、人の話を混ぜないほうが伝わります。

あの人はああいうところがあるから

別に自由なんだけど

わたしには関係ないけど

それじゃうまくいかないと思うんだ

とか

あの人がこう言っていたし

昔のえらい人もこうだったし

この本にも書いてあることだから

やっぱりこのやり方が正しいよね?


とか。

自分の話をしたいときに、誰かや何かを持ち出して、一生懸命補強しなくてもいいんです。

へし折ろうとする人なんていないんだから。

わたしはこうしたい

わたしはこっちの道がいい

でもちょっとだけ怖くって

だから、話を聴いてほしいの

って言っちゃえばいい。

脚色しない、そのまんまの気持ち。そのほうがまっすぐ伝わります。

誰も積極的にたたかいたい人はいない。

ほんとうは、最初から誰ともたたかっていない。

あなたが武器を下ろすのを

あなたがかたい鎧を脱ぐのを

待っているんだ。

誰でもないあなた自身が、そのときを待っている。

「もう、たたかいたくない」って言葉を

あなたはずっと待っていたんだよ。

タイトルとURLをコピーしました